木のオーダーキッチン「スタジオママル」

間伐材でつくる、パン作りを楽しむキッチン

ママルの木製オーダーキッチンは、サクラやカエデ、クリ、ナラ、クルミなど、いわゆる広葉樹材でつくることが多いんですが、時にはスギやマツ、あるいは信州を代表するカラマツやヒノキなどの針葉樹を使うこともよくあります。

スギの間伐材で製作したオーダーキッチンをご紹介しましょう。

IMG_1466

間伐材ですので、節は多めですが、それがまたとっても素朴な味わい。

こちらの奥様はパン作りが大好き。そこで、L型のメインキッチンに囲まれた部屋の真ん中に、木の天板のアイランド作業台を設けました。

スギは広葉樹に比べると表面が軟らかいため、ハードに使われることの多いワークトップにはちょっと不向き。

そこで、このアイランドの天板のみ、カエデの木を使うことにしました。

全く違和感ないです♪

IMG_1452

カエデは堅くて丈夫、白くて清潔感もあり、また木独特の匂いも少ないため、欧米ではチーズやパンなどの食品を切るカッティングボードに使われます。ですから、パンの生地作りなどには最適。こね台いらずです。

右側の引出しには食器、左側のスペースには、愛用のパンの発酵器がぴったりと収まります。このあたりがオーダーキッチンならでは、です♪

IMG_1453

アイランドの裏側には小物家電やパン作りの道具が納まるよう、小棚に。

 

IMG_1458

一方、メインのL型キッチンはいたってシンプルに。

コンロ側とシンク側で、ワークトップの高さを5センチ変えているのがわかるでしょうか。実はこの5センチがとっても大切なんです。

一般的にシンクは高め、調理器は低めに、というのが、人のからだにフィットする高さ。とりわけ、ガスコンロのように、ゴトクによって天板の高さと実際にお鍋を置く面の高さが5センチ近くも違う場合などは、重大です。

皆さんも、キッチンの高さを決められる際には、よーく、ご自分のからだで試してみることをおすすめします!

 

さて、L型キッチンのコーナー部分はデッドスペースになりがち。回転する収納バスケットや、ななめに引き出せるワゴン収納など、いろいろなアイディアが考えられてきましたが、ここではあえて凝った収納にはせず、シンプルな棚にしてみました。

実はこの方法が最もスペースを無駄にせずに使えるようです。

コーナー収納は、どのみち他の収納に比べ、いまひとつアクセスしづらいもの。ならば、無理に複雑で高価な収納金物を使うのではなく、あえてシンプルな棚にしておいて、季節用品など、使用頻度の低いものを収める、といった割り切った使い方をするのもひとつの手ではないでしょうか。

IMG_1460

このように、スギの間伐材と言っても、広葉樹材と変わらず、細かく作りこむことは十分可能です。食洗機も楚々として納まっています。

引出しの下の棚板もスライドして引き出すことが出来ますので、棚の手前と奥も、しっかり使い分けることが出来ます。

 

まさに間伐材と侮ることなかれ、ですね。

自然な風合いと軟らかい肌触りは、広葉樹とはまた違った温かさを与えてくれます。

これがまた何年も使い込まれていくと、何ともいえない落ち着いた風情を醸し出して、素敵なんですよ。

家と一緒に美しく年をとっていくのが、自然素材・ほんもの素材のよさではないでしょうか。

やっぱり楽しい♪ 木のオーダーキッチンです!

 

【所在地】長野県喬木村

【家族構成】夫婦+子ども

【レイアウト】L型+アイランド作業台

【材 質】スギ材(アイランドのワークトップはカエデ材)

 

 

同じ分類のページを見る 施工例

施工例もご覧ください。

木のワークトップは魅力的♪ 〜愛知・碧南...»

愛知県・碧南市のNさんご夫妻。ご両親の代からの和風民家を大きくリフォー……続きを読む »

ちょっとの工夫で作業スペース倍増 〜東京...»

東京・大泉学園のご実家をタウンハウスに建て替えられたSさん。 キッチン……続きを読む »

南信州・ヤマザクラのわいわいキッチン♪...»

  南信州の飯田市にお届けしてきたヤマザクラのキッチンです。……続きを読む »

リフォームで明るくて開放的な木のキッチン...»

  ということで、前編から引っ張りました…。 (リフォーム前……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

9月のお休み...»

<9月のショールーム休業日> 定...続きを読む »

ガスとIH、どっちが...»

新しいキッチンを考える時、調理機...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。