木のオーダーキッチン「スタジオママル」

立つだけで元気になるキッチン(後編)

以前は一人でキッチンに立つのが

あんなにさみしかったのに、

 

今はキッチンに立つだけで元気が出る。

今日もがんばろうって思えるんです」

 

というYさん。

(前編はこちら)

 

家族が応援してくれたこともあって、

キッチンをリフォームすることが決まってからは

まるで水を得た魚のように、

自分にとって本当に居心地のいいキッチンって?

と考え、こだわり続けました。

 

キッチンにいつも家族が集まるように、

リビングに向いたアイランドの横にテーブルを置き、

さらにお子さんたちのお勉強コーナーを

キッチンの正面に据えたレイアウトについては

前編をご覧いただくとして、

こちらではYさんのこだわりのディテールの数々を

ご紹介していきましょう。

 

広々とした木のワークトップ。国産のヤマザクラです。

キメが細かいので汚れにくく、

キッチンのワークトップには最適な木のひとつです。

 

水回りに木なんて、と思われる方も多いかもしれませんが、

エゴマ油とミツロウで仕上げた天板は

水も玉のように弾きますし、油染みにもなりません。

 

一般的なキッチンの天板には

ステンレスや人工大理石がよく使われますが、

そもそもどんな素材も、日々使えば

ちょっとしたキズやあとはついていくもの。

 

木も同じようにキズやあとがつくことはあります。

ただ、それによって見苦しくなることなく、

むしろ経年でツヤや味わいが増していくのが

木の天板のかわいがり甲斐のあるところ。

使い込むほどに美しく、気楽に使えるようになっていく

革の道具に似ているように思います。

 

特にヤマザクラは色味の濃い木肌なので、

そういったキズやあとが目立ちにくいのも安心です。

ニスやウレタンで仕上げた人工的なツヤとは違う、

自然な光沢がとっても美しいんです。

 

 

そんな水にも強いヤマザクラの木ですが、

それでもより安心して使っていただくための配慮も

忘れていません。

シンクは木の天板に合わせて、水仕舞いよくデザインした

ママルのオリジナルシンク。

水切りかごはシンクの中、

絶妙な高さに置けるようにしています。

 

高すぎると積み重ねた食器が目立ち、

低すぎると洗っている最中に水がかかってしまう…

そんなこれまでのお客様からの声を

反映させて作りました。

 

水栓は天板より一段低いスペースに取り付け。

水栓の周りに水が広がらないようにしています。

 

優美なフォルムが印象的な水栓は

米国デルタ社製のタッチ水栓。

本体どこでも、軽くタッチするだけで

水の出し止めができますので、

本体のレバーを触れることが少なくなります。

ここまで配慮すると、

水栓の周りが水でビショビショになることも

ほとんどありません(*^^*)

 

とは言え、いそがしい毎日の中、

食洗機のサポートを受けない手はありません。

 

画像ではちょっとわかりづらいですが、

右手のキッチンの大きな扉の中には。

アスコの食洗機(60センチ幅)がスタンバイ。

 

オール扉タイプなので操作パネルが外から見えず、

食洗機が入っているようには全く見えませんね。

 

続いてガスコンロ周りを見ていきましょう。

クックトップはリンナイのドロップインコンロを

横一列に3つ並べました。

オーブンはミーレの電気オーブン。

横並びだとお鍋同士が重なることもなく、

ストレスを感じずにお料理できます。

重厚かつモダンなフォルムの五徳も美しいですね〜。

 

コンロ脇の壁にアイアンバーを取り付けて

調理器具を吊っていくのはYさんのアイディア(^^)

 

今回、壁側のキッチンの幅が非常に長かったので、

水回り、コンロ、作業スペースは

あえてコンパクトにまとめ、

離れた端の部分は上のような

カフェ・お茶用品のスペースにしました。

吊り戸棚のすぐ下には、洋書で見た写真を参考に、

プレートスタンドにもなる格子状の棚板を

作ってみました。

これ、すごく便利です♪

 

壁面はサブウェイタイルで

お部屋全体を明るくてお洒落な雰囲気に。

アメリカ製のコンセントプレートとマッチしています。

 

 

まだまだ工夫は続きます。

コンロと冷蔵庫の間にはタイルの壁を作ったんですが、

なんと、その壁全体を調味料や乾物などを収める

大容量のストッカーにしました。

見ていただきたいのは中段に置かれたブレンダー。

実はストッカーの奥に設けたコンセントに常に

つないであるので、ストッカーを開けるだけで

すぐにブレンダーを使うことができるんです。

たまに使うけど、

その都度出したりしまったりするのが厄介、

といった家電類には良いアイディアですね。

 

 

引き出しのハンドルはオリジナルのアイアンバー。

鉄の厚板から切り出して作り、

薪ストーブと同じ塗装を施して仕上げています。

なんとも落ち着いた良い風合いです!

 

他にも、Yさんが見つけたガラスのつまみや、

本体と同じヤマザクラで作った木のハンドルなども。

Yさん、楽しんでます(*^^*)

 

 

引き出しのひとつには大きな米びつが。

ご自身も農家であり、7人の大家族の元気を生み出すお米には、

スペシャルな場所が与えられました!

 

 

キッチンが完成してしばらく経ったある日。

Yさんから1枚のスナップが届きました。

それがこちら。

調理器具や食器も並び、

良い感じに生活感が出たキッチン。

そこに佇むのは2人の娘さんたち。

 

実はYさんは小淵沢のお気に入りのショップに

頻繁に足を運ばれるほど、インテリア雑貨等が大好き。

そんな中で磨かれたセンスがこの1枚の写真や

キッチンの暮らし方の随所に光っています。

 

以前は一人でキッチンに立つのが

あんなにさみしかったのに、

 

今はキッチンに立つだけで元気が出る。

今日もがんばろうって思えるんです」

 

そんなYさんの言葉の奥から、

あの時、

家族に思い切って本当の気持ちを打ち明けたことが、

活き活きと働き、暮らしを楽しむことができる今に

つながっていること、

 

そしてそんな毎日を応援してくれている

家族への感謝の気持ちが伝わってくるんです。

 

キッチンは家族を幸せにします。

To Create Loveful families !

 



施工地:長野県南牧村

 

デザイン:浦野伸也

製作チーム:片山浩二・川嶋弘嗣

 

材種:ヤマザクラ(キッチン) 

   ナラ(デスク、壁面本棚)

 

キャビネットサイズ:

W2200 x D1000 x H900(アイランド側)

W5115 x D650 x H850(壁面側)

W1760 x D500 x H720 (デスク)

W1760 x D250 x H1000(壁面本棚)

同じ分類のページを見る リフォーム, 施工例

施工例もご覧ください。

立つだけで元気になるキッチン(後編)...»

以前は一人でキッチンに立つのが あんなにさみしかったのに、  ……続きを読む »

立つだけで元気になるキッチン(前編)...»

  家族がTVを囲んで団欒するリビングを背中に、  ……続きを読む »

家族3世代があつまる、大きなキッチン(後...»

「女3世代で一緒にキッチンに立ちたい」 「家族が集まるキッチンにしたい……続きを読む »

家族3世代があつまる、大きなキッチン(前...»

長野県松本市のTさん一家は、 おばあちゃんとTさん夫妻、そして娘さんの……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

「住まいNET 信州...»

信州を代表するライフ・デザイン誌...続きを読む »

ハッサクでオランジェ...»

昨年旅先でお世話になった因島の友...続きを読む »

「ナガノの家」誌に掲...»

ただいま発売中の『ナガノの家』。...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。