木のオーダーキッチン「スタジオママル」

木の天板を楽しむ、ナラの木のオーダーキッチン

自然を求めて、ご家族で都会から信州に移り住んで来られる方が、年々増えてきているように感じます。

蓼科高原に新しい住まいを建てられたOさん一家もそんなご家族。

木の肌触りや雰囲気が大好き、というOさん。自然素材にとことんこだわった家づくりがしたいとずっと思っていました。

ですから、「システムキッチンは最初から考えられなかった」とのこと。

そんなOさん、ずいぶん迷われる方も多い中で、キッチンの天板は全て木でつくりたい!と即断。

また、リビングとキッチンに境がなく、一体になるようにと、奥まで見渡せる広々とした木のキッチンをイメージされていました。

そうして出来上がったのがこちらのキッチンです。

oti1

 

キッチンの天板と本体はナラの木(リビング側の一部はスギ)。

その丈夫さから、一昔前の小学校の机やイスの多くはこのナラで作られていました。

欧米ではオークと呼ばれ、渋みのあるその独特の香りから、ウイスキーの樽や燻製のチップなんかにも使われていますよね。

対面式のII型キッチンで、ごくシンプルなレイアウトですが、広々として垣根がないので、誰もがリビングからも入りやすく、家族や仲間たちと一緒に立つのが楽しそうです。

oti3

 

メインのキッチンはいたってシンプル。食洗機も、特別凝った収納もありません。

この山の家では、お料理や家事、すべての営みをゆったり楽しみたいという、Oさんのスローな暮らしへの思いがこめられています。

 

oti2

カップボードの吊戸棚にはチェッカーガラス。どことなくレトロで優しい雰囲気ですが、甘さはありません。

この落ち着いた風合いは、ナラ独特のものといえるでしょう。

吊戸棚の下に、小物の家電類が置けるよう、スペースとコンセントを用意しています。

 

oti4

シンプルなのに、どことなく和であったり、ホッとする懐かしさが感じられる、これからの日本の家です。

この天板で、毎日傷をつけたり、水をこぼしたり拭いたり。そんな風に家族との時間を刻みながら、段々と味わいが増していきます。

10年後にはこのキッチン、どんな雰囲気をたたえているでしょうか。

ほんものの自然素材の魅力は、10年後にわかります。楽しみにしていてくださいね、Oさん。

 

みんなで立つとやっぱり楽しい、そんな木のオーダーキッチンです。

 

【所在地】長野県茅野市

【家族構成】夫婦+子ども1人

【レイアウト】II型(ペニンシュラ型+I型)

【材 質】ナラ材

 

同じ分類のページを見る 施工例

施工例もご覧ください。

木のワークトップは魅力的♪ 〜愛知・碧南...»

愛知県・碧南市のNさんご夫妻。ご両親の代からの和風民家を大きくリフォー……続きを読む »

ちょっとの工夫で作業スペース倍増 〜東京...»

東京・大泉学園のご実家をタウンハウスに建て替えられたSさん。 キッチン……続きを読む »

南信州・ヤマザクラのわいわいキッチン♪...»

  南信州の飯田市にお届けしてきたヤマザクラのキッチンです。……続きを読む »

リフォームで明るくて開放的な木のキッチン...»

  ということで、前編から引っ張りました…。 (リフォーム前……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

11月のお休み...»

<11月のショールーム休業日> ...続きを読む »

ガスとIH、どっちが...»

新しいキッチンを考える時、調理機...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。