木のオーダーキッチン「スタジオママル」

家族3世代があつまる、大きなキッチン(後編)

「女3世代で一緒にキッチンに立ちたい」

「家族が集まるキッチンにしたい」

 

と、大きなアイランドキッチンを真ん中に

お家を作られた松本市のTさん一家。

 

キッチン全体の様子については前編をご覧いただくとして、

より詳しくご紹介していきますね。

キッチンのレイアウトは大きなアイランドキッチンを

中心とした2列型の配置です。

Tさんのように家族みんなで同時にキッチンに立ちたい

という方にはおすすめ。

 

この時大切なのはそれぞれのキャビネットの間隔、

つまり通路の幅です。

 

2列型というレイアウトは一人で2つの作業台を

渡りながら作業することもあれば、

2人以上の人が背中合わせで同時に

キッチンに立つこともあるわけです。

 

ですから、狭すぎても広すぎても具合が悪い。なので、

ママルでは1m前後をおすすめすることが多いんです。

 

キッチンづくりで忘れてはいけない

3つのこと

 

キッチンをプランする時に忘れがちだけども、

現実にはとっても大切なものがあります。

それは家電、水切りかご、ゴミ箱の存在です。

 

どれも現実のキッチンには欠かせないもの。

なのに、おしゃれなインテリア雑誌のキッチンには

この3つが写ってなかったりするんですよね。

 

キッチンをプランする時には、

必ずこれらの居場所を忘れず考えてあげましょう。

 

でないと、いざキッチンが完成して暮らしが始まったら、

あれ、これどこに置くの?

置くまではおしゃれなキッチンだったのに〜

なんてことになってしまいます(^^)

 

そこで今回はゴミ箱の解決方法の一つをご紹介。

シンクの下にゴミ箱専用の引き出し収納を作った例です。

ゴミの多くは水周りで出ますからね。

 

写真ではゴミ箱に蓋が付いていますが、

外してしまってもOK。

引き出しを閉めればゴミ箱全体は密閉されて

しまいますので、匂いが漏れるということもありません。

 

レイアウト的に、ゴミ箱が見えるのはちょっと…

という場合におすすめです。

 

吊り戸棚って高すぎないですか?

よくご相談を受けるのが壁面の吊り戸棚について。

 

吊り戸棚って、

天井いっぱいの高さまでのものが多いですよね。

でも、実際には背伸びをしても視線も手も届かないので、

使っていない、あるいは、何をしまったのかさえも

忘れちゃった、なんていうお話も(^^)

 

吊り戸棚を含め、キッチンは実際のからだに合わせて

作るべきだと思うんです。

 

見た目優先、いっぱいものが入りそうだから、と

使う人のからだのサイズや動きに合わない

キッチンを作ると、

必ず使わない(使えない)部分ができてしまったり、

最悪、キッチンに立つ元気すら出なくなってしまったり。

 

だから、目よりもからだに聴いて、

素直に作ることをおすすめしています。

これはママルでよく作らせていただく吊り戸棚のひとつ。

フラップ(跳ね上げ式)扉なので、

開けたまま作業することもできて便利です。

 

目線の高さにしてありますから、

普通の立ち姿勢で自然に見渡しやすく、

手も伸ばしやすい。

 

この高さはキッチンの収納の中では一等地なんです。

ですから、毎日頻繁に出し入れする

普段使いの食器類を収納されるといいと思います。

 

Tさんのお家では、さらに下に棚板を一枚追加して、

お盆とかちょっとした小物とか、

意外と収納に困る普段使いの道具を

置くようにされています。

 

天井いっぱいまで棚がないことで、

天井と壁のラインが見え、お部屋も広く見えるんですよ。

 

コンセントから包丁置きまで、

細部まで気持ちよく

 

その他にもTさんのお気に入りのポイントをいくつかご紹介。

 

ハンドミキサーやフードプロセッサーなど、

調理中にちょっと手元コンセントが欲しい時って

ありますよね。

 

そんな風に実際の調理の様子を想像しながら、

必要なところにコンセントを設けておくことって

とっても大切です。

Tさんのお家でも、頻繁に立つ作業スペースの近くには

手元コンセントをいくつか設けました。

上の写真は調味料を入れる引き出しを開けるとのぞく、

小さな手元コンセントです。

ハンドミキサーなどを使う時だけここを開けて使います。

普段は閉じてしまうのでコンセントは見えずスッキリ、

というわけです。

 

コンロはハーマンのプラスdo。

海外製ですかってよく聞かれますが、日本製です。

ずいぶん昔から根強い人気があるロングセラーですね。

 

ガラストップが主流の中、

ステンレストップに業務用のようなゴツくて大きなごとく、

シンプルなつまみがクックトップの上にあるのが

人気のポイントでしょうか。

 

ゴシゴシこすれば傷のつくステンレスですけど、

そうやって愛着を持って使い込んでいけるっていうのも

木のワークトップと同じでなかなかいいものです♪

 

木のキッチンにはやはり、キッチンパネルより

タイルが似合いますね。

 

目地の汚れなど気にされる方もいますが、

今はキッチン専用に開発された目地もありますから、

お掃除やお手入れはとっても楽なんです。

 

いろいろな表情のタイルがありますら、タイル選び、

すっごく楽しいですよ♪

前編でも登場のガゲナウの大きなオーブン。

これも木のキッチンならスッキリとビルトインできます。

 

腰の高さにありますから、かがまずに使えてとっても楽なんです。

作業の姿勢ってやはりすごく大事ですね。

こちらはママルオリジナルのナイフブロック。

こちらも隠れた人気商品です。

 

この日はお友達もやってきて、

幅広い世代の女性たちがキッチンを真ん中に

大盛り上がりでした。

 

みんなが集まるにぎやかなキッチン、

家の中で一番楽しい場所になりましたね。



 

施工地:長野県松本市

 

デザイン:浦野伸也

製作チームキャプテン:川嶋弘嗣

 

材種:ヤマザクラ

 

キャビネットサイズ:

W3640 x D1000 x H850(アイランド側)

W1700 x D750 x H850(壁面側)

 

同じ分類のページを見る 施工例

施工例もご覧ください。

立つだけで元気になるキッチン(後編)...»

以前は一人でキッチンに立つのが あんなにさみしかったのに、  ……続きを読む »

立つだけで元気になるキッチン(前編)...»

  家族がTVを囲んで団欒するリビングを背中に、  ……続きを読む »

家族3世代があつまる、大きなキッチン(後...»

「女3世代で一緒にキッチンに立ちたい」 「家族が集まるキッチンにしたい……続きを読む »

家族3世代があつまる、大きなキッチン(前...»

長野県松本市のTさん一家は、 おばあちゃんとTさん夫妻、そして娘さんの……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

「住まいNET 信州...»

信州を代表するライフ・デザイン誌...続きを読む »

ハッサクでオランジェ...»

昨年旅先でお世話になった因島の友...続きを読む »

「ナガノの家」誌に掲...»

ただいま発売中の『ナガノの家』。...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。