木のオーダーキッチン「スタジオママル」

リフォームで明るくて開放的な木のキッチンが実現!(後編)

 

ということで、前編から引っ張りました…。

リフォーム前の様子はこちら

 

暗くて手狭だったクローズドキッチンが、リビングと一体になって明るく生まれ変わりました!

DSC00335

お部屋の中央にはダイニングテーブルを広々と置き、その周りを大きなL型のキッチンがぐるりと取り囲みます。

まさにキッチンで楽しむことを一番に考えた、Nさんの理想の暮らしがかたちになりました。

本体・ワークトップともに国産のサクラ材でつくりました。いい色しております!

 

DSC00349

L型キッチンのコーナー部分はどんな複雑な収納パーツを利用しても、デッドスペースになりがち。

ならば、使用頻度の少ないものを収納すると割り切って、ごくシンプルな棚にしておくのもスペース的に無駄がなく、よいものです。

ワークトップの下には電子レンジや愛用のフードプロセッサーなどの家電や、お鍋類を納められるようにデザインしてあります

 

短手側のワークトップは、シンク部分より一段高さを低くしています。

その理由はこれ…。

DSC00330

お菓子づくりや粉もの料理のために、天板に大理石の板を埋め込んだんです。

天板が一段低くなっているので、ご主人お得意のそば打ちにも力が入りやすく、最高です!

 

DSC00322

シンクにもこだわりました。新作のママルオリジナルシンクです。

 

シンクの左に置かれている水切りカゴはご存知「ラバーゼ」。

料理研究家の有元葉子さんが使い勝手にこだわって開発された、水切りカゴの逸品です。

このラバーゼを直接シンクに載せて水が切れるよう、シンクをデザインしてみました。(専用の水切りトレイは不要です)

 

水切りカゴというのはシンクの脇に置きっ放しになることが多いものですが、木のワークトップの場合、特にカゴの周りの水じまいが気になってしまいます。

ここだけはカゴが邪魔になって、どうしてもマメに拭いたりしにくいんですよね。

 

こうして水切りカゴのための居場所をきちんとつくってあげれば、カゴの置き場所にも水じまいにも困りません。

そしてラバーゼ、使い心地もとってもいいですよ♪

今のところ、他の水切りカゴには戻れません…。

 

DSC00338

今回、調理器具にはNさんのご希望で、ミーレのラジエントヒーターを使いました。

 

世の中、電気調理器と言えばIHが主流ですが、お鍋の種類を選ばず、実際に赤く発熱するラジエントを選ばれる方も、ママルのお客さまには多いです。

ガスコンロと比べると熱の上がり方・さめ方のタイミングや、強さなどが異なるので、最初のうちは慣れが必要なのは、IHも同じです。

 

Nさんはこのラジエントの使い心地に大満足でした。

小淵沢は高冷地ということもあって、この夏もラジエントで室内が暑くなったとは感じられなかったとのこと。

 

DSC00340

そして、奥さま念願のミーレの電気オーブン!

オーブン下に付属のトレイなどを収納できるようにしました。

 

使い心地、これはもう最高!だそうですよ〜。

ぜひ今度、オーブン料理の成果を確認に押し掛けさせていただきますよ〜!(^^)

 

このリビングキッチンに生まれ変わってから、お友だちを招くのが楽しみになったとNさん。

思い切ったキッチンリフォームで、「キッチンで楽しむ」暮らしをスタートされました。

これから末永く、毎日をとことん楽しんで下さいね〜♪

 

同じ分類のページを見る リフォーム, 施工例

施工例もご覧ください。

木のワークトップは魅力的♪ 〜愛知・碧南...»

愛知県・碧南市のNさんご夫妻。ご両親の代からの和風民家を大きくリフォー……続きを読む »

ちょっとの工夫で作業スペース倍増 〜東京...»

東京・大泉学園のご実家をタウンハウスに建て替えられたSさん。 キッチン……続きを読む »

南信州・ヤマザクラのわいわいキッチン♪...»

  南信州の飯田市にお届けしてきたヤマザクラのキッチンです。……続きを読む »

リフォームで明るくて開放的な木のキッチン...»

  ということで、前編から引っ張りました…。 (リフォーム前……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

9月のお休み...»

<9月のショールーム休業日> 定...続きを読む »

ガスとIH、どっちが...»

新しいキッチンを考える時、調理機...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。