木のオーダーキッチン「スタジオママル」

旨すぎる、ソーキの煮付け

今年、生まれて初めて沖縄に行きました。

まあ、染まりやすいσ(^^)ですので、どこへ行ってもそうなのですが、にわか沖縄ファンになって帰ってきました。

それ以来、沖縄が舞台の映画を観たり、琉球民謡を聴きこんだり、近所の沖縄料理屋さんに通ったり…。

わかりやすいですね~。

勢い余って、6月30日の沖縄慰霊の日には、にわか琉球バンドを結成して、沖縄イベントに出演しちゃいました!

 

もちろん琉球料理もずいぶんトライしましたよー。各種チャンプルーから沖縄そば、琉球スイーツまで。

さて、そんな中で、あまりに旨すぎて、何度となく作り置きしているのが、ソーキの煮付け。ソーキとは豚のアバラ肉のこと。ソーキそばの上にのっている、甘く煮付けたお肉ですね。

ある日、近所のスーパーをのぞくと、このアバラ肉を発見!あー、売ってるのね~。

信州でこの手のお肉が果たしてどの程度売れるのか疑問ですが、とりあえず狂喜乱舞して買い占めました(笑)。

IMG_2335

さすがに安いですね。でも、これがあの旨いソーキになると思うと…!やめられません。

 

IMG_2336

まずは、茹でこぼします。大量のアクが出るので、茹でたら流水で洗って落とし、水をかえて煮ます。臭み消しにしょうがをひと欠け。

(写真はアク取り後です)

 

IMG_2338

肉が顔を出すぐらいにお湯を捨てた後、泡盛500cc、黒糖300g、しょうゆを250cc、かつおのだし汁250cc入れて、圧力鍋で30分ほど加熱します。(肉は1キロちょっとです)

味付けの分量は最初に教わったものからちょっと変えています。甘目が好きなので、砂糖を多めに。普通の砂糖でもいいですが、今回は琉球に敬意を払って黒糖にしてみました。素晴らしいコクが出ます。

まあ、多少違っても肉の旨みで何とかなってしまうので、味見をして甘め、濃い目、自由に調節してみて下さいね。

我が家の圧力鍋はフィスラーの4.5L。大きすぎず、小さすぎず、手頃なサイズです。それまで使っていた鍋は小さすぎて、今回のようにそれなりの量を作り置きするのには小さすぎました。

 

IMG_2340

圧力をかけて30分ほど、そのあと自然に圧が抜けるのを待ちます。

この手の肉の煮込みは、煮すぎると骨は軟らかくなるけれど、まわりの肉もぱさぱさになってしまうので、煮過ぎには要注意。少し煮足りないぐらいでとめておいて、あとはふたを開けて、固さを見ながら煮るといいかもです。

特に圧力鍋の場合、5分長く煮ただけで、ずいぶん火が通りますので、控えめに!

で、煮込み終わったのが上の写真。肉の脂がずいぶん抜けて、上に浮いています。その分、肉も少し小さくなってます。ですから、1キロ仕込んでも全く平気!(あまりに旨いので、あっという間になくなってしまいますよー)

 

IMG_2346

読谷のやちむんの里で買った大皿に盛り付けて、出来上がり~♪

あばら骨もクニクニとした食感になって、旨いんです!泡盛を大量に入れて煮込んでいるからでしょうか。泡盛があうんだなぁ、これが!

たくさん作ったら冷凍して、ソーキそばを作るときに使います。

 

ちなみに、この肉の旨みがたっぷりの甘辛い煮汁で、にんじんや厚揚げ、オクラなんかを煮付けるとまたおいしいそうです。煮卵もおすすめですよ。

普通のうどんでも、このソーキをのせたら、ちょっとソーキそば風の味わい。おすすめですよ~!

 

 

同じ分類のページを見る ブログ

施工例もご覧ください。

木のワークトップは魅力的♪ 〜愛知・碧南...»

愛知県・碧南市のNさんご夫妻。ご両親の代からの和風民家を大きくリフォー……続きを読む »

ちょっとの工夫で作業スペース倍増 〜東京...»

東京・大泉学園のご実家をタウンハウスに建て替えられたSさん。 キッチン……続きを読む »

南信州・ヤマザクラのわいわいキッチン♪...»

  南信州の飯田市にお届けしてきたヤマザクラのキッチンです。……続きを読む »

リフォームで明るくて開放的な木のキッチン...»

  ということで、前編から引っ張りました…。 (リフォーム前……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

9月のお休み...»

<9月のショールーム休業日> 定...続きを読む »

ガスとIH、どっちが...»

新しいキッチンを考える時、調理機...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。