木のオーダーキッチン「スタジオママル」

キッチンお届け日記 〜北信濃の農園キッチン♪

この春から、たくさんのお家に木のキッチンをお届けしてきました。

これから少しずつですが、その様子をご紹介していきたいと思います。

 

題して、「キッチンお届け日記〜♪」   うーむ、そのまんまですね…。

完成したキッチンは「施工例」のページであらためてご覧いただくとして、ここではお客さまご家族とのプランづくりや、設置の様子などをお話ししていきたいと思います。

 

 

さて、まずはその1回目。

先日、北信濃・中野市のお家にクリの木のキッチンをお届けしてきました。

この辺りは緩やかな丘にリンゴやぶどう、そしてサクランボなど、見渡すばかりの果樹園が広がっている、とってものどかな農村です。

普段、アルプスの激しい山並みを見慣れているσ(^^)としては、この辺りの穏やかな山々を見ると、なんだかホッとした気分になるんです。

 

今回キッチンをお届けしたTさんのお家も、広々とした果樹園を営まれているご一家。

キッチンを設置した2Fの窓から、広々とした果物畑と、それに連なって高井富士(って言ったかな?)の雄大な借景が見えるんです。

それが何とも豊かな感じ!

イタリアのトスカーナってこんな感じの風景なのかな、などと勝手に想像…。

 

今回のキッチンはL型です。壁には大理石風のモザイクタイルが一面に張られています。

ただいま職人さん、休憩中…。

IMG_3104

そして、キッチン設置が終わった頃にはすっかり日が暮れてしまいました。 IMG_3106

キッチン本体はクリ、ワークトップはステンレスと木の組み合わせです。

木のワークトップにはナラを使っています。

ハンドルや棚受けはあえて無造作に仕上げたアイアン。

これが素朴なクリやナラの木肌と合うんです!

IMG_3108

収納はとてもシンプル。

オープンな棚には、普段使いの食器や調理器具などを納めていくんだそうです。

 

しまい込まず、お鍋や食器など全てに目が行き届いて、そしてすぐに手に取れるようにしておくこと。

ついついものをため込みがちなキッチンでは、意外とうまくいく方法です。

 

見せる収納は、自信がなくて…?

いいえ、「見える収納」と「見せる収納」は違います。

何もかっこ良く「見せる」必要はないんですよ。

普段使うお鍋や器具類、食器たちが、毎日滞ることなく回転していると、少しずつ自分の使い勝手のいいように位置が決まってきますし、不要なものはそのうちキッチンから消えていきますからね。

 

さあ、お家ももうすぐ完成です。

今日のところはこんな感じですが、窓の外の足場がとれたら、高井富士の裾に広がる果物畑ののどかな景色が見えてきます。いいな〜!

IMG_3100

帰りに、お客さまからとれたばかりのサクランボをいただいちゃいました。

すぐに子どもたちに食べられてしまって、写真を撮る隙もありませんでしたが、宝石のように美しくて、目が覚めるほど甘かったです〜!

恐るべし、日本のサクランボ!

ごちそうさまでした!

 

(17/120)

同じ分類のページを見る 施工例

施工例もご覧ください。

木のワークトップは魅力的♪ 〜愛知・碧南...»

愛知県・碧南市のNさんご夫妻。ご両親の代からの和風民家を大きくリフォー……続きを読む »

ちょっとの工夫で作業スペース倍増 〜東京...»

東京・大泉学園のご実家をタウンハウスに建て替えられたSさん。 キッチン……続きを読む »

南信州・ヤマザクラのわいわいキッチン♪...»

  南信州の飯田市にお届けしてきたヤマザクラのキッチンです。……続きを読む »

リフォームで明るくて開放的な木のキッチン...»

  ということで、前編から引っ張りました…。 (リフォーム前……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。