木のオーダーキッチン「スタジオママル」

8月5日10時〜「里山の木で作る、木のおもてなしプレート」<小学生限定>ワークショップ

<終了しました>

8月5日、10時〜
「里山の木で作る、木のおもてなしプレート」
小学生限定 <夏休みの一研究バージョン>やります!


植物として生きてきた木が
人と暮らす「道具」に変わる時。
作る人と木の間に、
「話し合い」のような時間があります。


それは、日本人が
道具や住まいを作るために
ものすごく昔からやってきた
工夫であり、知恵です。


もっと言うと、
自分の大切な家族が幸せに暮らすために
頑張って磨いてきた「努力」です。


今回は小学生の皆さんに
この、木と人間の長〜い付き合いを
感じて、味わってもらえればなぁと思います。

 

前回開催した際の様子です。
蜜蝋ワックスを塗った時の、木の色と表情が浮き出てくる瞬間に思わず歓声が上がりました。


<ワークショップ当日の内容>

1.世界でたった一つの材との出会い
なぜこんな色?なぜこんな木目?
どこで、どんな環境で育った木?
木を切る人、材をとる人の存在を知る。


2.木をデザインする
用途を描く。木の特性の生かす。


3.自分の触感を使って、サンディング
どのようなサンディングが必要か?
それはなぜなのか?
自分の感覚で、仕上がりを知る。


4.蜜蝋とエゴマ油で仕上げる
なぜ、その仕上げが必要なのか。
木目が美しく浮かび上がる瞬間


5.自分で作った木の器を使って暮らす
実際に、家の食事に使ってみる
(一番重要な課題!)


6.一生使い続ける知恵
使う。思い出をこめる。手入れをする。


7.振り返りワークシート
ワークショップで感じたことを書き留めよう

 

●日程/8月5日(土)

●時間/10時〜13時

●参加費/プレート1枚につき、3000円

●講師/浦野伸也(家具デザイナー)
デザイナー、クラフトマンとして家具づくりに取り組んできた経験とともに、元来の料理・家事好きを生かして、2005年に無垢の木と自然素材で作るキッチンメーカーを立ち上げる。以来、250件を超えるたくさんの家族と一緒に「立つだけで元気の出るキッチン」づくりに励んでいる。

●定員/各日とも親子7組(お子さんは小学生限定です)

●持ち物・服装/軍手、マスク、エプロン(木屑で汚れてもよい格好)

●申込

材料準備のため、要予約となります。

お申し込みフォーム、または0263-87-7056(11:00-18:00、火水定休)

までお電話にてお申し込みください。

 

Facebookページ「木のオーダーキッチン スタジオママル」では、今後のワークショップの予定などもいち早くお知らせしています。ぜひ、いいね!お願いします♪

同じ分類のページを見る イベント, お知らせ

施工例もご覧ください。

木のワークトップは魅力的♪ 〜愛知・碧南...»

愛知県・碧南市のNさんご夫妻。ご両親の代からの和風民家を大きくリフォー……続きを読む »

ちょっとの工夫で作業スペース倍増 〜東京...»

東京・大泉学園のご実家をタウンハウスに建て替えられたSさん。 キッチン……続きを読む »

南信州・ヤマザクラのわいわいキッチン♪...»

  南信州の飯田市にお届けしてきたヤマザクラのキッチンです。……続きを読む »

リフォームで明るくて開放的な木のキッチン...»

  ということで、前編から引っ張りました…。 (リフォーム前……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

9月のお休み...»

<9月のショールーム休業日> 定...続きを読む »

ガスとIH、どっちが...»

新しいキッチンを考える時、調理機...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。