木のオーダーキッチン「スタジオママル」

Q. なぜウレタンやラッカーを使わないのですか?

egomaA. 木の自然の肌合いを生かすため、天然の蜜ロウとエゴマ油で仕上げます。

ママルの木製オーダーキッチンは、ウレタンやラッカーなどで表面を覆わず、天然の蜜ロウとエゴマ油で仕上げています。

ニス類は最初は手入れも楽でよいのですが、年月がたつと表面がにごってはがれたり、うす汚れた感じになってしまい、手入れのしようがなくなってしまいます。

木そのものは大丈夫なのに、見た目の汚らしさから、キッチンに立つのが楽しくなくなってしまう…。これは木にとっても私たちにとっても一番悲しいことです。

蜜ロウやエゴマ油は、木の内部にしみ込んで、呼吸をさまたげることなく木を守りますし、何より、自分で簡単にお手入れができる、ということが長く使うためにはとても大切なことなのです。

同じ分類のページを見る Q&A

施工例もご覧ください。

立つだけで元気になるキッチン(後編)...»

以前は一人でキッチンに立つのが あんなにさみしかったのに、  ……続きを読む »

立つだけで元気になるキッチン(前編)...»

  家族がTVを囲んで団欒するリビングを背中に、  ……続きを読む »

家族3世代があつまる、大きなキッチン(後...»

「女3世代で一緒にキッチンに立ちたい」 「家族が集まるキッチンにしたい……続きを読む »

家族3世代があつまる、大きなキッチン(前...»

長野県松本市のTさん一家は、 おばあちゃんとTさん夫妻、そして娘さんの……続きを読む »

キッチンプランのご相談でお越しの際は、下記よりご予約をお願いします。

ブログ

「住まいNET 信州...»

信州を代表するライフ・デザイン誌...続きを読む »

ハッサクでオランジェ...»

昨年旅先でお世話になった因島の友...続きを読む »

「ナガノの家」誌に掲...»

ただいま発売中の『ナガノの家』。...続きを読む »

お客様を訪ねて

只今準備中です。